土日パイロット日記

高橋 洋司 1964年入学

 

 「Drifter 552, On base leg, Landing, Runway 28」(ドリフタ―552号機、第4旋回手前、滑走路28に着陸します)と後部席の私がピットに無線を入れると、前席の訓練生はエンジンパワーを少ししぼりながら最終侵入に機体を旋回させます。機体を43ノット(約70km)のスピードをキープしながらゆっくり滑走路に向かって降下させ、高度3mで操縦桿をじわっと引いて水平飛行させ、あとは自然に機体が沈むのを待って、トーンという感じで着地させます。こんな感じで着陸出来るまで訓練生は徹底的に練習させられます。飛行機操縦で一番難しいのは着陸操作で、訓練80%以上はこの着陸の練習です。

 

 平成元年、ハリウッド映画のトム・クルーズ主演の「トップ・ガン」を観た時、子供の頃からパイロットに憧れていたので、もう我慢ができなくなり、即今所属してる茨城県のフライングクラブに入会しました。数年後、操縦指導員の資格も取り、以来ずーっと空を楽しんでいます。晴れて視界のいい時は、遠くに富士山、東京湾、東京のビル群、スカイツリー、幕張新都心、日光連山、筑波山、霞ヶ浦などを眺めながら、ノンビリと空の散歩するのは、実に爽快で、地上の物が小さく見え、優越感すら感じます。ストレスなんて完全に吹っ飛びますよ。

 

 私が乗ってる飛行機はウルトラライトプレーン(超軽量動力機)で、軽飛行機のセスナ機等より一つ下のクラスの機体です。17歳以上の日本国籍の方なら誰でもトライできます。健康診断さえ合格すれば年齢の上限はありません。現在私の生徒さんで84歳の方もいます。私のクラブでは、ソロフライトができるほどになり、免許(航空局からの認定証)をもらえるまでには約40~45万円ほどかかりますが、セスナ機等の自家用ライセンス取得の5分の一以下です。自動車の免許より少しばかり高いだけです。手軽に飛べる反面、フライトの条件は厳しく,飛行可能な範囲は滑走路から半径3km, 最大9kmまでです。2地点間のフライトは出来ません。必ず離陸した滑走路に戻ってこなければなりません。

 

 皆さんもノンビリ空の散歩を楽しみませんか?ご興味ある方は私までご連絡下さい。

 

    Eメール: pro-pilot@dol.hi-ho.ne.jp

 

プロフィール

氏名:高橋 洋司

入学年・学部:1964年入学 教育学部英語科

外資系旅行会社勤務

現在、週末はパイロット教官として空を満喫中

千葉県船橋市在住

名前はペンネームでも構いません。

最近のお知らせ

【2016年1月28日】new

「英友会通信」のお知らせ。→こちら

 

【2015年11月8日】

「英友会会則変更について」を掲載しました。→こちら

 

【2015年9月4日】

「英友会総会のお知らせ」を掲載しました。→こちら

 

【2015年7月12日】

「シニア交流会開催の報告」を掲載しました。→こちら

 

【2015年4月27日】

「シニア交流会開催のお知らせ(2015年)」を掲載しました。→こちら

 

2015年1月18日】

「若手交流会開催のお知らせ(2015年)」を掲載しました。こちら

 

2014年10月13日

「英友会総会のお知らせ」を掲載しましたこちら

 

【2014年2月1日】

ホームページをリニューアルしました。

 

【2013年11月9日】

英友会を開催しました。

 

【2013年10月1日】

「英友会総会のお知らせ」を掲載しました。

 

【2012年11月20日】

「2012年英友会総会」の写真ページを追加しました。